紙切り師 林家二楽

出版物

● 『寄席おもしろ帖』  長井好弘[文]・林家正楽[紙切り]
2003年4月発売   うなぎ書房 定価=1,600円+税

 読売新聞日曜版の2年間の連載をまとめた客席報告。
連載では、正楽師匠の紙切りはカラーだったそうですが、
残念ながら本では印刷の関係で白黒で小さくなっています。
売上により、カラー版発売も検討という噂も・・
二楽さんの回のタイトルは、「揺れる伝統守り」。人名索引も便利。
著者長井好弘氏は、読売新聞編集部文化部次長、子どもの頃からの寄席好き。

● 『父ちゃんは二代目紙切り正楽』の挿絵を担当
桂小南治[文] 林家二楽[絵]

 父ちゃんは二代目紙切り正楽
うなぎ書房 定価=1,400円+税
落語家の長男と、紙切りの次男の兄弟が綴る、父の思い出。

● その他

 そのほかの雑誌などの記事掲載などは、ニュースページをご覧ください。

UP